ウェディングドレスの起源 | グランクレールスタッフブログ

TGC_セント100 人無横 明 ★.jpg

いつもザグランクレールのスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は結婚式のアイテムのひとつであるウェディングドレスについてお話します。

 

ウェディングドレスの色といえば白がほとんどかと思いますが

昔は黒や青のウェディングドレスもあったようです。


今の白いものが普及したのは18世紀ごろにヴィクトリア女王の婚礼着としてが

由来となっています。もともとは白は不吉な色という

イメージがあったのですが西洋文化の流入とともに

今の純白のドレスが普及したと伝えられています。


結婚しkでは新婦様の選ばれた素敵なドレスを

ぜひイギリスから持ってきた本物の教会でお式をされませんか?

 

 ザ グランクレールブライダルフェアはこちら